スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜗居~上海、かたつむりの家~

前にドラマについて書いた時に、

「蜗居」

d50735fae6cd7b89f6ca733b0f2442a7d8330ee7.jpg


にさらっと触れましたが、

この作品には本当にのめりこんで、号泣して、一週間は衝撃が頭から離れず引きずっていたという、私にとって思い出のドラマ。

この作品が、11月に福岡に行った時に翻訳されて本屋に並んでいたので、即購入。

「上海、かたつむりの家」
51Wg9SFYvmL__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_


上海に帰ってきてすぐに読みました。

それでまた何日か引きずりました(笑)

先にドラマを見たからそう思うのかもしれないけど、

うまいこと役者見つけてきてるんですよね、本のイメージそのままって感じで。特に海藻なんて、適役すぎ。

結局は、海萍の家への(異常な?)執着心によって周りみんなが巻き込まれ泥沼にはまっていくけど、

別に海萍はおかしいこと言ってないよなぁ?一生に一度の買い物だし、あれくらい文句つけていいと思う。

たしかにマンション購入の時機を逸してしまったのは悪かった、でもここまで高騰すること誰が予測できただろうか?

あと都会にすがりつきすぎたのも身分をわきまえてなくて悪いってのもある?でも立派な大学を出てるんだもん、もっと明るい将来が待っていると希望を持っていてもいいよね。でも今は名門大学出た人はごろごろいるから淘汰された人は田舎に黙って帰らなきゃいけない?夢をいつまでも見ていちゃだめ?

とか、色々考えてしまう。

こんなにマンション購入にこだわらなかったら海藻が人生を狂わすことはなかったよね。

でも、そうしたら海萍は子供とどうやって生活していけばいい?

やっぱり都会にこだわるなら子供はあきらめなきゃだめ?

それで汚職している人たちはあんなに立派なマンションに住んで、でも結局最後は因果応報。。

と、かたつむりの殻の渦のように頭の中で一人で議論の堂々巡り(笑)

結局振り回した海萍が夢を叶え、海藻はひどい目に。なんか納得いかないな。。

っていつまでも終わらなそうなのでこのへんで(笑)

だらだらまとまりなくてごめんなさいm(__)m

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このドラマ、私も色々悶々と考えてしましましたよ。
結局、姉思いの妹がかわいそうな目にあったというか。
妹が不倫に走ってしまうのも分かる(?)けど
代償が大きすぎでしたよね。

このドラマ以降、大陸ではセンセーショナルな(?)ドラマが
減ったと聞きましたがどうですか?
(汚職とかがまずかったのかしら)

Re: No title

私の周りの中国人達は、妹の不倫がどうしても理解できずあの結末も自業自得だ!だそうです^^;
みんな、あのドラマはリアルすぎて直視できない、なんであんな残酷なドラマ見るの?重くない!?全然面白くないって。。
汚職もですが、「裸官」が今すごく問題になっていて、結局宋思明は死んだけど海藻は外国へ行ったでしょ、あれも裸官だよね〜とのことでした。
去年は「北京青年」が大ヒットして、私もDVDを買ってまだ見てないんですが、面白かったけどあれも金があるからできることであって、現実的ではないな〜って言ってました。まだ見てないので何とも言えませんが。
あ、私も赵薇大好きです♡
プロフィール

えじぱん

Author:えじぱん
2011年5月に上海に来て主人と二人暮らししています。暇にまかせて中国語を勉強しているぐ〜たら主婦の日記です。これまで新HSK6級・口語高級・中検準1級を取得しました。
他には、歯科衛生士、ケアマネジャー、福祉住環境コーディネーター2級、ホームヘルパー2級も持っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。